井上皓史の奮闘ブログ

新卒で入社した会社を9ヶ月で辞めて、ベンチャー企業で働く男 

「ただの日記だね。」私のブログを社長に添削していただいたら、ものすごい勉強になった。

昨日ブログを更新した際に
社長 (MAKOさん)からこんなコメントをもらいました。

 

ただの日記だね。

 

え?

結構自分の想いを書けたなーと

思っていたんです。

でも
その後FBを頂いたのを見て

これはブログを書く人全員に共通して言えることだなぁ
感じたので、書きたいと思います。

 

f:id:kojijico:20160226210802p:plain

 

結論

 
ブログは自分の思いを書くものではない。

読み手を意識することが大切だ。

 

 

 

MAKOさんに教えて頂きました。

 


まずは昨日のブログのFBを公開します。

kojijico.hatenablog.com

 

タイトル。

 ブログを書き始めて11日目。続けていてるからこそわかった3つのこと

ブログを書き始めて11日目?
読み手からしたら
どうでもよい

 

た、たしかに。

 

ブログ毎日更新できてるぞー!
と浮かれているだけの文章でした。

 

以下本文。

 絶対普段なら寝ているこんな時間に

ブログを更新しようとする姿勢。

KOJIを知らない読み手からしたら
これもどうでもよい

 

おっしゃる通りで
読み手からしたら、どうでも良い話。

 

  

ブログを書き始めて11日目。続けていてるからこそわかった3つのこと

ブログを更新するのが習慣化

 ふとした時に、ブログ何書こうかなぁ

と考えることがあります。
これは、休憩しているときも
思考を停止せずに、動かしているということです。
この感覚は、とても大切。

①ブログを更新するのが習慣化
その下の主張(=ブログやるメリット)
を支持する理由が貧弱 

 

これも自分の心を読まれました。グサッ

 

3つの言いたいことを述べただけで
理由を簡略化しすぎました。

 

結論

日々更新続けます!ライティングスキルを上げます。

 読み手からしたら
これもどうでもよい

 
どうでも良いことで埋め尽くされている
ブログでした。

猛反省。

 

でも

一つわかったことがあります。


毎日更新で

喜んでいるステージは終了したんです。

 

これは進歩です。

読み手を意識した記事を更新していきます。
ステージアップ!

 

 

makoさん
プライベートのブログまで
FBいただき、ありがとうございました!

 

 


明日も思考を整理しながら進む