井上皓史の奮闘ブログ

新卒で入社した会社を9ヶ月で辞めて、ベンチャー企業で働く男 

就活生必見! GDでつまづかないための必勝法

GDでつまづかないための必勝法について 

 

さっそくお題。

お題:友達誕生日パーティーを企画してください。
  (制限時間:30秒)

 

f:id:kojijico:20160303230818p:plain

今回も就活ネタ。

GDで落ちることのない必勝法を伝授します!

 

結論

みんな考えていることは違う。

そのためには大枠から考えることが大切。

その後、皆の頭の中を共通化していくことが大切。

 

 

みんな考えていることは違う。

 

グループディスカッションはだいたい6人くらいで

行われることが多いです。

今回のお題は、

友達誕生日パーティーを企画してください。

 

1日企画?都内?居酒屋?プレゼントは時計?人数は20人?

いろいろ考えたのではないでしょうか?

 

他の5人も自分と同じことを考えているだろうと考えているあなた!

そんなことはありません。

・大人数でカラオケパーティー

・高級レストランで少人数で祝う

・動画を作成して、貸切会場で流す

・一人暮らしの友人宅でパーティー

・箱根に日帰り旅行

 

皆思っていることはバラバラです。

ここで大切なのは

大枠を決めることです。

 

 

大枠を決める

先に言っておくと、このお題の正解はありません。

どれも正しいです。

ただ、皆自分の意見を通したいと思っています。

なので、もっと大枠から考えてみることが大切です。

 

今回のお題でいえば、最高に嬉しい誕生日とは何か。

これを考える必要があります。

こちらの議論にも正解はないです。

大事なこととしては、

決めることです。

今回は「リッチで贅沢なパーティにしよう。」と決めたこととします。

これで議論をする際の、皆の頭の共有ができました。

 

頭の中を共通化して議論する

ここまで出来れば、あとは楽勝です。

 

お店=リッチといえば高級イタリアン!

プレゼント=お花!?

服装=正装、男性はスーツ!

人数=高級レストランだから、6人くらい!

 

 

このような形でスイスイ決まります。

 

まとめ

 

大枠から考えること。
頭の中を共通化すること。

 

これが出来ればGDは怖いものなしです!

グループディスカッションだけでなく、
会社に入っても必要な考え方なので
ぜひ実践してみてください!