井上皓史の奮闘ブログ

新卒で入社した会社を9ヶ月で辞めて、ベンチャー企業で働く男 

早起きは三文の得。もはや、3兆の得である。〜世界のCEOの真似ごっこ4日目目〜

 世界のCEOの真似ごっこ4日目。

CEOはとにかく皆早起きです。参考に3日前のブログ

井上皓史: 4:30に起きて、まずブログを書く。 - 井上皓史の奮闘ブログ

 

みなさん

快適なゾーンから抜け出して新しいことにチャレンジしましょう。

4時半起きの習慣が身についている1ヶ月後の自分は
今の自分より確実に成長している!!とワクワクしています。

 

今は習慣化するまで、暗闇をもがいている。そんな気分でブログ書いています。

f:id:kojijico:20160309072418p:plain

 

快適ゾーンから抜け出す

普段の生活と違うことをする。私の中では4時半に起きることが
快適ゾーンから抜け出すことの一つだと考えています。

 

快適ゾーンとは
慣れ親しんでいる毎日の行動のことです。

  • 起きてから布団の中で携帯をチェックする(15分)
  • ダラダラとテレビを見る(1時間)
  • 通勤中ではスマホをチェックする
  • いつも同じメンバーでランチを食べに行く
  • 仕事後、夜飲みに5杯くらいお酒を飲みフラフラになりながら帰る

こんな行動、よくありますよね?

 

ちなみにこの行動

恥ずかしながら、全て過去の自分です。

 

しかし!!!4時半起きを始めた私は

劇的な変化が起こりつつあります。

 

  • 無理やりでも起きるために、携帯は手の届かないところにおくことで、
    1分で起きれるようになる。
  • せっかく早く起きたのに、ダラダラテレビを見ることは意味がない。
    と思い、朝30分読書するようになった。
  • 通勤中は朝の本の内容が気になり、読書するようになる。
    朝のバス・電車は必ず座れるので集中して本が読める
  • 1人で本を読みながらランチをすることも増えた
  • お酒は2杯まで!次の日のことを考え、ダラダラ飲むことが無くなった。

 

1つの行動習慣を変えただけで、良いことがこんな増えるとは
私自身もとても驚いています!


快適ゾーンを抜け出すためには、1つの習慣を変えてみましょう。

 

まとめ

 

早起きしましょう。

朝早く起きて
早起き啓発本を読むと、
すっきりしますよ!

 

 

私の真似ごっこしませんか?
3/12(土)6:30 @渋谷モーニング
誰でも参加OKです!連絡くださいっ!